データ作成の注意点

洋服

クラスや部活でオリジナルのtシャツを作ることがあります。市販されているtシャツをお揃いで着るときよりも、オリジナルtシャツを着ることで一体感が出るので、友達との仲を深めることが可能です。初めてtシャツ作りを業者に依頼する場合、やり方が分からずに不安に思う人も多くいます。業者ではデザインに慣れた人もそうでない人も、簡単にtシャツ作りが行えるようサポートしてくれるので気軽に依頼することができます。
デザインを自分で行なえてデータ作成もできるという人の場合、デザインしたデータを入稿すると1週間ほどでtシャツを手に入れることが可能です。メールや業者のサイトからデータを入稿しますが、入稿データを作成するときにはいくつかの注意点があります。画像データを添付するときには画質が良いものでないと仕上がりがきれいになりません。最低でも解像度が300dpiはある画像データを用意しましょう。業者ごとによって入稿データの形式も変わるのできちんと確認することが重要です。解像度の他に、注意しないといけないことは色の形式をCMYKで作るということです。画面で見るときにはRGB形式を使っていますが、印刷するときにはCMYKに変更する必要があるので色みが変わります。ソフトのデータで入稿する場合にも、画像データのときと同様解像度や色形式に注意する必要があります。その他、ソフトのデータではフォントがアウトライン化されているか確認しましょう。アウトライン化されていないデータの場合、入稿した後業者のパソコンで開くとデザインが崩れる危険性があります。具体的なやり方は業者のサイトに記載されていますが、分からないときには連絡して質問することができます。

手書きで送る

Tシャツ

手書きでtシャツのデザイン画を送ると、きちんとしたものが作れないのではないかと心配する人もいますが、プロが線を整えてくれるので安心です。線画の味を残したいのか、きれいに整えたいか伝えましょう。

Read More

料金の変わり方

子供たち

使用するインクの数や印刷面積によってtシャツの料金は変わるので、どのように違いがあるのか把握してデザインを考えましょう。インクの色数以外にも、tシャツの生地が白いかどうかでも値段が変化します。

Read More

加工の違い

女性たち

加工方法にはいろいろなものがあり特徴が異なるので、tシャツがどういった仕上がりになるのか考えてデザインすることが大切です。例えば膨らむインクを使う場合には、柄が潰れないよう細かすぎないデザインにしましょう。

Read More